いなざわ事業者げんき補助金、7月6日より当所で申請受付開始

いなざわ事業者げんき補助金、7月6日より当所で申請受付開始


【いなざわ事業者げんき補助金】
稲沢市が、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた
市内の小規模な事業者が行う感染症予防対策、
売上改善等の取組みを支援する補助金を創設しました。
申請につきましては、当所にて承ります。


【いなざわ事業者げんき補助金】申請書類等について

【申請に必要な書類】
必要書類のうち、交付申請書及び(1)確認書は、
市ホームページからダウンロードするか、
または商工会議所で受け取ってください。
申請内容によっては、追加資料をお願いする
場合があります。

* 交付申請書(様式第1、A4両面1枚)
記入例を参考に全ての項目を記入してください。
申請に当たっては、申請書に押印した印鑑を
ご持参ください。

(1)認定経営革新等支援機関が作成した確認書
(様式第2)
商工会議所において、事前に作成を依頼してください。

(2)新型コロナの影響による売上減少の証明等
令和2年2月〜6月のいずれかの売上高が、
前年同月比で1%でも減少していることが要件です。
商工会議所で売上減少に係る証明の発行を受けてください。

(3)決算書・確定申告書
個人事業者は令和元年分、法人は直近の決算に係る
事業資料が必要です。以下の資料の提出ができない方は、
代替の書類を提出いただきます。
・個人事業者:確定申告書第一表(縦書1ページ目)
青色申告決算書または収支内訳書(横書1ページ目)
・法人事業者:貸借対照表、損益計算書(計2〜4ページ)

(4)令和2年3月以降で小規模事業者持続化補助金等の
国、県ほか公的機関の補助金を申請、申請予定の場合は、
当該申請書(公的補助の利用ない方は不要)

【補助金の支払等】
補助金の交付申請後、不足等がなければ10日以内に
交付決定されます。交付決定通知の受領後、事業が
終了してから30日以内に補助事業完了報告書、
請求書を提出してください。完了報告の内容確認後、
1カ月以内に振込みとなります。

【補助対象経費・申請手続き等に係るQ&A】

Q1:感染予防で次亜塩素酸水生成器を3台購入した。
補助金はもらえるか。
A1:市内店舗の店頭に置くものは補助対象経費と
なります。2/3・10万円までです。

 Q2:従業員と着用のない顧客にマスクを配布したい。
申請で注意すべき点は。
A2:4月以降の購入後9月末までに使用する予定数量を
上限として補助対象となります。

 Q3:市外に住所のある個人事業者で、
店舗は市内のみである。個人住民税の課税とは。
A3:申告の住所地が稲沢市の場合、個人住民税の
均等割5,500円の課税があります。

 Q4:ネットで購入したが、販売者の押印がある
領収書が発行してもらえない。
 A4:領収書に替えて、申請者・販売者・購入日・購入
内容が分かる書類でも結構です。

Q5:9月までに実施する予定だったが、コロナの影響で
10月になった場合は。
A5:原則として9月30日までに、実施・支払まで完了
したものが対象となります。

<問合先> 
稲沢商工会議所 TEL 0587−81−5000