成田 義和

~確かな技術と最高の笑顔で心と体を癒します~

 

稲沢商工会議所青年部

稲沢接骨鍼灸院  成田義和

 

 

 

YEGに入会したきっかけは?

 

地域に根を張った治療院を目指し、様々な方々と交流をさせていただき視野を広げるため自分から入会しました。

 

YEGで得たこととは?

 

YEGで知り合った方々との出会いや交流を通しての繋がりを持てたことです。稲沢市で開業してから9年経ちましたが、まだまだ知らないことのほうが多く、先輩の皆様方に色々学ばせていただいています。

 

お仕事について

 

1) 業種・内容
骨格矯正、リラクゼーション、ほねつぎ、鍼、灸

 

 

2)仕事に対する情熱

 

高校3年生の時、高校の先輩が接骨院を開業していてちょうどスタッフを募集していたのを柔道部の顧問の先生から紹介されたのがきっかけで、この医療業界の道に進みました。専門学校時代から接骨院で働き、実際の現場で1人前になるために修行していました。国家試験合格後は整形外科病院で10数年間勤務し様々な症例を経験しました。西洋医学だけではなく東洋医学にも興味を持ち、鍼、灸の専門学校へ通いながら独立する為の準備を始めていました。
2008年に開業してからも病院勤務時代とは勝手が違い、色々な困難や悩みもありましたが、病院勤務時には、医師の指示がないとその方に必要な事でもリハビリでは出来なかったストレスが自分で開業してからは全力で施術を行え、さらに、患者様から言われる「良くなったよ。ありがとう」の感謝の言葉に背中を押してもらいながら日々研鑽の毎日です。
自分はWP骨格矯正協会の講師にも任命されており、毎月の勉強会で施術の技術をさらに高め、悩んでいる患者様にすぐに還元できるようしていきます。
医療の世界は日進月歩、常に勉強し続けていきます。

 

今、一番の楽しみとは?

 

新規のリラクゼーションが地域の癒しになることと、仕事終わりの1杯

 

 

稲沢及び地元への愛着や特徴などを教えて!

 

稲沢に移り住んでから15年目になります。もう第2の故郷になりました。稲沢のため地域のために貢献できる人材になります。

 

YEGを卒業したら?

 

まだまだ先のことはわかりません。今を全力で頑張ります。

 

最後に一言!!

地域医療を支える一員として地域に貢献できる存在になります。

 

 

取材後記

 

 

学生の頃からやっていた柔道の縁でこの道へ進まれた成田さん。試行錯誤しながら現在にいたります。開院当初はいろいろと苦労されたようですが、技術と人柄で今では皆様に愛される治療院となりました。
取材時にリラクゼーションルームを新たに併設されるというお話を聞き、ますます地元になくてはならない治療院になる事と思います。
これからも同期として、YEGを盛り上げていきましょう。

取材者 広報・会員拡大委員会  鵜飼克彦