渡邉清隆

詫び寂びを感じて。

 

稲沢商工会議所青年部

有限会社菱甲園 渡邉 清隆

 

 

 

YEGに入会したきっかけは?

 

祖父江町商工会青年部に入会させていただき10数年が過ぎ、今年卒業を迎えます。振り返ると事業をされている方、または活動をされている方と交流・意見交換をさせていただきたくさんの事を教わりました。

40歳になり、これからの10年初心に戻って事業していくためにも、活躍されてる先輩の背中を見ることができればと入会させていただきました。

 

YEGで得たこととは?

 

先輩の皆さんは気配りがきめ細やかで、何気ない言葉、行動がとても新鮮に感じて勉強になります。
まだ日も浅いので、これからもっともっと学びます。

 

お仕事について

 

1)業種・内容

造園業です。

内容

個人庭、集合住宅の緑地、事業所の緑地等 設計、施工、管理、灯篭、銘石の販売です。

 

 

 

2)仕事に対する情熱

 

小さいころから父親の背中を見て、なんとなく造園という仕事に就くことが、当たり前と感じ稲沢高校の造園土木科に入りました。入学当時は職業に関心も なく淡々と時間が過ぎて行きましたが、専門学科の先生から「詫び寂び」の話を聞かされたころから面白さがわかるようになりました。京都のお寺巡りをしてみたり、京都の職人さんの姿を見て格好よく思い、いつの間にかあこがれの職業になっていました。
20代ではもっと深く勉強しようと顔に似合わず生け花、お茶を習いに毎週先生の自宅まで足を運んで練習していました。その生け花のおかげかどうかは分かりませんが植物の花を見ることがとても好きです。

 

今では植物やお庭の専門知識を得て、お客様に提供し喜んでいただける。
この繰り返しが現在のモチベーションになっています。だから僕は一生現場で仕事をしていると思います。

 

今、一番の楽しみとは?

 

先ほどもお話しましたがガーデニングをすることが一番楽しいです。
自分の庭はとても狭いので玄関前にコンテナガーデンを楽しむぐらいですが、
自分の好きな花を子供と一緒に植えたり、水をあげたり・・・。
女性みたいでお恥ずかしいのですが好きなんです。

 

 

稲沢及び地元への愛着や特徴などを教えて!

 

稲沢は植木の産地で全国的に有名ですので昔から誇りに思います。僕の先輩、後輩のなかでも植木の生産をしている方がたくさんみえます。朝早くから夕方遅くまで家族総出で汗をいっぱい出し働く姿をあちこちで見ることができます。家族が協力して物を育てていく姿にいつも絆を感じ、自分も幸せな気分になります。みなさんと家族ぐるみのお付き合いをさせていただき、とても勉強、参考になっております。YEGの皆様とも、これからお付き合いできることが楽しみです。

 

YEGを卒業したら?

 

稲沢に菱甲園の名前を広げていきたいです。みなさんご協力お願いします。

 

 

 

最後に一言!!

 

これからいろいろなことを経験させいただけるチャンスと感じています。
頼りない新参者ですが、10年後には少しでも気配りができる人になれればと思います。今後ともよろしくお願いします。

 

取材後記

 

 

いつもとにかく真面目な渡邉さん。取材中にきめ細かいご配慮をいただき、とてもスムーズに取材させていただきました。造園業の方なのに、趣味がガーデニングとはびっくりいたしました。
ん~、渡邉さんが休みの日に花に水やりをしているのか~。皆さんご自由に想像してみてください。(笑)