林茂一

工夫して、ひと手間をかけ、安心で喜んでいただける「商品」作りを心がけています

 

稲沢商工会議所青年部

株式会社林鈑金  林 茂一

 

 

 

YEGに入会したきっかけは?

 

稲沢青年会議所からのお付き合いある先輩からお誘いをいただき入会しました。

これまで以上に、幅広く経営者の方と語り合う事を楽しみたいと思いました。

 

YEGで得たこととは?

 

稲沢YEGでは先輩・後輩の隔たりがなく、多くの同世代の方と仲間になれました。   経営者としての悩みを、他業種でも同じ経営者の立場から意見を交換することで解決策が見つけることができ、視野を広げることができました。多くの方と交流を持つことで、人見知り気味な自分を少しずつ変えています。

 

お仕事について

 

1)業種・内容   建築鈑金 (屋根・外壁・雨どい等)

主に工場や店舗の鈑金工事をしております。

最近では、福井県内にあるプラネタリウム(曲線の多い難しい屋根)を施工しました。

営業範囲、東は豊橋、南は松阪市、北は中津川まで足を運んでいます。

 

 

 

2)仕事に対する情熱

 

予算内でも、ひと手間かけてより良い「商品」をお客様に提供すること。

取引先や現場監督の目線で見るのではなく、使っていただくお客様のニーズに合った建築ではなく「商品」つくりを心掛けています。工夫して、ひと手間かけることが、安心で喜んでいただける商品作りと考えております。

一般の鈑金屋さんより多く設備機械を備えております。大きな加工を下請けではなく自社で行うことで、時間・コスト・創作技術をより良く提供しております。

 

 

 

今、一番の楽しみとは?

 

仲間たちと行くゴルフや釣りを楽しんでいます。

ゴルフはYEG仲間や仕事関係の方と一緒にさせていただいています。スコアが良くも悪くも楽しいゴルフをしております。

釣りは海釣りをしています。特にイカ、アジを釣ることが楽しみです。釣った魚を食べることも好きですが、船で海に出ると、頭の中すべて忘れられる事ができ、リフレッシュできる場所なので最高です。土・日曜日でも突然仕事が入り行けなくなることもしばしばあるので、突然思いつきで単独の釣りに出かける時もあります。

年に1,2回家族旅行に行きます。今年は海外旅行とユニバーサルスタジオジャパンに娘2人連れて行きました。子供が大きくなるにつれて旅行回数が少なくなるので今を楽しみたいです。

 

 

 

稲沢及び地元への愛着や特徴などを教えて!

 

昭和29年以来この稲沢の地で創業し、60年ほど地元で育てていただきました。 都会からも近い場所ですが、自然豊かでのんびりとしたこの地域になぜか心引かれます。 地元の小学校のPTA、稲沢市P連副会長を務めさせていただいております。関わり合いが多いほど、稲沢の愛着や想いが強くなっております。これからも、いろいろな行事、取り組みをできる範囲でお手伝い、携わって行きたいです。

 

YEGを卒業したら?

 

今を大事に、YEG・法人会活動を充実させたいです。 ・・・卒業を迎えたときに考えます

 

最後に一言!!

 

稲沢YEGは僕にとって心地の良い空間です。すべての仲間が共に楽しく勉強できます。活動内容は少ないですが、何かを成し遂げようとした時の結束力は力強いです。これからも何か小さな一つでも魅力を発見でき、一つ一つの積み重ねで大きくなっていく・・・そんな単会を目指していきたいです。

 

取材後記

 

今回はマンツーマンでお話ができ、はじめは他愛のない雑談から始まり、和やかな雰囲気で取材を行うことができました。

祖父様の時代にリヤカーを引いてお仕事をはじめられたことや、たたき上げで仕事を覚え、信用一筋でお仕事をつないで祖父様、御父様、茂一さんに受け継がれて今に至られているそうです。20代で突然の世代交代をして、当時はご苦労されましたが、度胸もついて良かったとの事。すごく共感できました。

また「難しい仕事でもあきらめずに続けると、何とかなるもんだよ」とお話し頂いて、僕がいつの間にかに忘れていた挑戦の文字を思い出させてもらいました。なんだか見透かされているようです。

この取材を通してどの場面でも仲間・友達の言葉が出てきて「つながり」を大切にされる事、物事に対して「信がブレないこと」がうかがえました。これからのお仕事、YEG活動等でも我々後者にとってかけがえのない方です。これからも指導いただきご活躍されますことをご期待しております。 渡邉 清隆