一年を振り返って

会長 丹羽 和政

会長職を受けさせて頂き一番初めに心に誓った事は、会員そしてOB会員の諸先輩方の名を汚さぬよう使命感を持って全力で会長職を務めさせて頂くと誓いました。 
出会い『縁を楽しんでYEG活動をする』この言葉を常に心に持ち、自分なりの会長像で一年を全うさせて頂いたと思っています。
会長を支えてくれた、役員の皆様と会員の皆様にはとても感謝をしています。
各副会長を初め、各委員会の委員長・副委員長には常に思い付きで事業が変更になったり、新たに加わったりして本当に迷惑をお掛けしましたが、無理難題を見事にこなしてくれた各委員会には感謝をしています。
会長をさせて頂いたお蔭で、愛知県中に多くの新しい友人が出来ました。50歳目前で多くの友人が出来た喜びと、『縁』の深さを再確認致しました。会員の皆様にもチャンスは自分で掴んでどんどん県連等外に出て多くの『縁』を掴んで欲しいと思います。
県連等多くの行事に出席させて頂き常に心に『稲沢YEG』の為と思い行動してきましたが、結果的に多くの勉強をさせて頂いた事を感謝しています。 覚悟と勇気を持って会長職を受け、使命感で一年間会長職を全うする事が出来たのは、会員の皆様の温かい友情があったからだと確信しています。
『感謝』と言う言葉しか出てきませんが一年間本当にありがとうございました。
今後の人生の上で貴重な『財産』を多く頂き感謝です。


副会長(広報・会員拡大)  渡邉 靖夫

本年は広報・会員拡大委員会の担当副会長として一年間お世話になりました。山田委員長、渡邊副委員長をはじめ委員会のメンバーの皆様には多大なるご協力をいただき大変ありがとうございました。
広報員会はどうしても裏方のイメージ(私だけ?)があるのですがホームページの充実、特に渡邊副委員長の素早いFBのアップは素晴らしいことだと関心していました。
ひとつ心残りといえば会員拡大のほうがあまりよい結果が出せなかったことが唯一の反省でしょうか?(私の力不足です)
ここ数年の間で結構な数のメンバーが卒業ということなので次年度以降も会員拡大の方も頑張ってもらいたいと思います。
蛇足ですが県連出向という貴重な経験もさせてもらい大変充実した一年間でした。
本当にありがとうございました。 

副会長 (研修)  祖父江 渡

何もできず迷惑ばかり掛けてしまった1年間。丹羽会長はじめ関係各位の皆様申し訳ありませんでした。委員長・副委員長の皆様お疲れ様でした。 

副会長 (交流)  新井 仁志  

交流委員会担当の副会長としてとても充実した一年を過ごすことができました。松田交流委員長には最後まで活気のある委員会運営をしていただきました。村上副委員長の支えと、委員会メンバーが委員長の熱意を汲み取ってくれた結果だと思います。
特にビアガーデンでの事業においては他委員会も含め多くのメンバーに出席していただき、稲沢YEG内での新たな交流も育むことができました。委員会メンバーであった真野さんと長橋さんが次年度の交流委員会の役員として活躍されることも大変喜ばしいです。副会長として対外的な事業に多く出席させていただいたことも私自身とても良い経験になりました。丹羽会長はじめ役員の皆様には自由に活動をさせていただき感謝しております。
最後に交流委員会を支えてくれた稲沢YEGの皆様、一年間ありがとうございました。


監   事  梶田 修 

私自身、監事役は初めてのことでしたので至らぬ点が多々あったと思います。

役職上、指摘をしないといけないのですが自分が出来ていないことを言うのはできない性格なのでたいへん苦しい状況でしたが今年愛知県連を務めさせて頂けたので委員会運営の経験でなんとかアドバイスを送らせて頂けたのではないかなと思います。(県連でもとても人運に恵まれた一年でした)やはり委員会が盛り上がって、組織が盛り上がるのだと委員長の役割は本当に重要であることを一年を通して実感しました。

稲沢YEGの丹羽会長を始め、役員の皆様、メンバーの皆様に支えて頂きなんとか県連委員長を終えることが出来ました。感謝、感謝です!

これから2年間またYEG活動を共に盛り上げていく所存ですので宜しくお願いします。また、出向の声がかかったら若い皆さんぜひチャンスと捉え積極的に経験してください。一年間ありがとうございました。

監 事  林 茂一

本年は、監事として一年過ごさせていただきました。役職上、いろいろな意見を言わせていただきました。厳しい指摘をしたこともありましたが、それ以上のことをメンバーの皆さんは成し遂げてくれました。そのおかげで、楽しく素晴らしい一年を過ごさせていただくことができ、感謝しています。 一年間お疲れさまでした。ありがとうございます。 

直前会長  服部 勝之 

今年度は、会長という立場から離れ、直前会長という立場から青年部を見させて頂き、楽しく1年青年部活動をさせて頂きました。

まずもって、丹羽会長1年間お疲れさまでした。丹羽会長のカラーが他の単会まで広がり、色々な意味で稲沢YEGを知って頂けたのかと思います。各委員長さんもそれぞれのカラーが出ていて良かったと思います。

ただ、どこの委員会にも所属していないので、会員さん達との交流が少なく少々寂しく思いましたので、28年度は相談役という立場で、YEG最終年でもありますので、各委員会に少しだけ顔を出させて頂こうかと思っております。

1年間ありがとうございました。


委員会報告

広報・会員拡大委員長   山田 幸代

今年度の広報事業は、軽トラ市の開催、エンジェルタッチやホームページの運営管理、稲沢夏まつりほか、愛知県YEG DAY等、渉外事業の取りまとめを行いました。
また、会員拡大については、入会案内のリーフレットを作成しました。そして、YEGメンバー皆さんの加入勧奨のお蔭で、新たに5名の新入会員をお迎えすることができました。
委員会メンバーの皆さんには、青年部deいいともの取材や軽トラ市の開催では多大なご協力をいただき感謝しております。また、今年度、青年部deいいともの取材をさせていただいた10名のメンバーの皆さんにおかれましても、取材にご協力いただきありがとうございました。
2度目の委員長を仰せつかり、少しは気持ちにゆとりをもって委員長職にあたれるのかと思いきや、そのような余裕はあまりありませんでした。そのため、FBへの投稿や青年部deいいともの取材について中心となって行っていただいた渡邊清隆副委員長、委員会への全出席に加え、軽トラ市の開催にあたっては、昨年度の経験を活かし、中心となって行っていただいたメンバーの水野さんには、大いに助けていただき本当に感謝しております。
至らない点が多々あり、丹羽会長、渡邊靖夫副会長には、ご迷惑をおかけすることもあったかと思いますが、最後まで温かく見守っていただきありがとうございました。 

研修委員長  田中 章喜

マイナンバー制度について」の研修会「普通救命講習」の研修会事業を行いました。研修事業においては参加して頂いた方も多く、それぞれに意味を持った研修会を行う事が出来たと思います。「マイナンバー制度について」の研修会事業においては、施工直前で時間も無いなか講師としてメンバーの協力も頂き行う事できました。一年間、研修委員会の委員長をさせて頂き勉強させて頂きました。こんな私を支えて頂きました委員会メンバーまたYEGのメンバーに感謝しております。
ありがとうございました。 

交流委員長   松田 泰明

YEGに入会して3年目で初めての委員長を務めさせていただきました。まずもって、新井副会長様、村上副委員長様をはじめとする委員会メンバーの皆様に一年間支えていただき感謝申し上げます。
本年度の委員会事業では、一泊交流分科会ゴルフコンペに始まり交流食事会を2回、稲沢かりんとう販売、ボウリング大会の事業を開催させていただきました。スポーツを通じてまた、食事会をすることにより会員相互の絆がより深めることができました。自分自身もいろいろな経験をさせて頂きましたので、今後のYEG活動に生かしていきたいです。
初めての委員長で不慣れな点がたくさんあったと思いますが、委員会のメンバーの皆様に助けていただき本当に楽しい委員会活動でした、一年間どうもありがとうございました。 


YEG活動を振り返って

卒業生   後藤 学

時間の流れが年々加速してあっという間に卒業年度を迎えてしまった感ありありです。「達成感」という面では自問自答しているところです。少し背伸びしないと本当は手の届くところに届かない。少し無理しないと気付かないことがまだまだたくさんある。少し立ち止まって多面的に捉えることにこだわって、じっくり考えることも必要かな。

世代を超えた異業種交流の場としてYEGは魅力的だったと実感しています。あらためて「縁」を感じています。いろいろな方に助けていただきました。お世話になりました。大台を迎えて、新たな目標・テーマを掲げて
これからも「一期一会」
その一瞬一瞬を大切に 感謝の気持ちで・・・・。笑顔で邁進してまいります。
ありがとうございました。 

 


卒業生  松岡 実男

入会以来皆様には迷惑かける事が多かったと思います。入会前から迷惑をかけた方も多数いると思います。卒業してもこんな感じでよろしくお願いします。 


TOPへ戻る