地元を愛すること 恩返し

 

        稲沢商工会議所青年部 

美吉建設株式会社

吉川貴祥

                           

DSCN4939.JPG

 

 

YEGに入会したきっかけは?

 

青年会議所を卒業してから、お誘いをいただき入会しました。これまで以上に、地元の方と幅広く交友を深めるためでした。

 

YEGで得たこととは?

 

稲沢YEGの方と交流でゴルフに行ったり、食事に行ったりして仲間ができ、その時間を楽しくすごさせていただいております。

お仕事について

1)業種 *建設工事 建築、土木工事業

主に公共工事では西尾張を中心に仕事をしております。 地元工事では、愛知県下水道科学館、祖父江の森図書館・温水プール 稲沢高御堂住宅 小学校・中学校の校舎増築工事など手掛けてきました。

DSCN4943.JPG

2)仕事に対する情熱

地元の活性化を図るため地元の雇用に心掛けております。 建設業界は今、人手不足問題を抱えております。人の確保は大変難しいこの時代の中、広範囲に従業員の募集や協力業者を探したいところですが、優先的に地元の方と一緒に仕事をすることで地域の活性化につながりますし、人口増加も期待できます。 地元を愛する気持ちをもった同志なら、技術もより良く提供できると考えております。

今、一番の楽しみとは?

仲間たちと行くゴルフを楽しんでいます。

友達と食べる事、飲みに行くこと、遊びに行くことで交友を深めております。

 

2か月に1回くらいで家内と温泉旅行に行きます。最近では諏訪大社に行きました。神社でお参りして、温泉でゆっくり日頃の疲れを取りに行きました。1泊くらいのプチ旅行ですが、僕にとっては心地の良い旅行です。

稲沢及び地元への愛着や特徴などを教えて!

稲沢消防団 副団長を4年、祖父江町商工会理事を務めさせていただき、いろいろなことを教えて頂きました。その中でも一番温めているものは「地元を愛すること」です。YEGや法人会等の活動をするなかで、たくさんの方とお会いすることができます。この時間の中で、お話をさせて頂き、地元に対する愛着や想いが強くなっております。これからも、恩返しができるように、いろいろな取り組みに携わって行きたいです。

YEGを卒業したら?

これから50歳まで2,3年を第1の人生としてラストスパートで頑張ります。その後、60歳までを第2の人生、新しい取り組みを考えております。

 

また定年を迎える60歳以降は、第3の人生は おおらかな気持ちで過ごしたいですね

最後に一言!!

僕たちは、先輩方からいろんなことを教えて頂き、吸収して前に進んでいます。そして卒業される際には思いを託され後輩にバトンタッチされます。僕も、もうすぐ卒業になります。送り出していただくことに感謝しております。これからもYEGの仲間をたくさん作って地元を愛し、若い人材を育て、先輩たち送り出す、いい形で世代が変わっていってほしいです。

取材後記

年度末に入ってお仕事がお忙しい中、快くお時間を作っていただき感謝しております。僕は20歳そこそこの頃から吉川さんとは面識があり、地元の消防団では行政区は別だったのですが1年間分団長として僕たち後輩に手取り足取り教えて頂いたことを今でも覚えております。その後、祖父江町商工会青年部でも40歳まで一緒に活動させて頂きました。ある意味、憧れの方の取材がマンツーマンで緊張してしまいましたが、昔と変わらない優しさで雑談を交えスムーズに導いていただきでき、和やかに取材を行うことができました。

この取材を進める中、何回も「 地元 」という言葉が出てきました。「地元を愛し、豊かにする」この思いが節々に感じる取材でした。考えてみると今の世の中は情報が溢れすぎて、身近なものが忘れ去られているような気がします。この取材を通して地域に何が必要かを見つめなおす機会をいただけました。

これからも地域活性化のため、先導者としてご活躍されますことをご期待しております。 

 

渡邉 清隆