会長  大崎祐一 

 

平成24年度に稲沢YEGの会長を務めさせていただき、最後のご挨拶として皆様に申し上げる言葉はただただ感謝の一言につきます。

役員の皆様、会員の皆様ありがとうございます。事務局の伊東さんありがとうございます。そのほか多数の皆様のお力添えで何とか職務を全う出来たと感じております、本当にありがとうございました。

さて、余談ですが24年度は「融和」をスローガンに掲げさせていただきましたが、本年度中の挨拶では一度も使用しなかったのをお気づきになられましたでしょうか?所信を読み返して頂ければご理解できると思われますが、私の考える本会の理想と他者との協調を謳ってあります。しかしこの理想像や協調関係が単年で構築出来るでしょうか?答えは否でしょう。「中庸は徳の到れるものなり」この場合の中庸は中道であるとか中流であるとかではなく、良い塩梅とお考えいただくとわかりやすいと思います。高い理想を持って今現在執り行えることを粛々と実行していく継続こそ大切な行為であると思います。

最後に繰り返しになりますが、一年間ありがとうございました。私の在籍期間はまだ2年ありますので、本年戴きましたご恩を何とかお返しできると考えております。本当にありがとうございました。

 


 

直前会長  高木善雄

 

 この一年間、直前会長として何も出来なかった事を反省しています。

来年度は卒業年度です。

浅野会長をしっかりとサポートし悔いの残らない一年にしたいと思います。

一年間ありがとうございました。

 

 


 

相談役兼会員拡大委員長  内藤晶仁 

 

平成24年度大崎会長より相談役、そして会員拡大委員長という重責を仰せつかり我がYEG活動最終年度が始まりました。

相談役は2年連続という事で、会長をはじめ会員の皆様には役員会、事業開催時等々遠慮なくお話をさせて頂き大変ご迷惑をお掛けしました。心よりお詫び申し上げます。

そして、会員拡大におきましてはこれから数年の間に多くの会員が卒業を迎えるという事。

会員拡大はこういった組織では永遠のテーマになってしまっているかと思います。

そんな中、会員おひとりお一人の意識の高さから私が何をする事もなく、10名を超える拡大をする事が出来ました。ありがとうございました。

最後に、YEG最終年度こんなわがままな男とお付き合い頂きました大崎会長をはじめとする全ての会員の皆様に心より感謝申し上げます。

 

追伸・・・沖縄での最後の全国大会、本当に思い出に残る全国大会(まさか卒業式をしていただけるとは)でした。祖父江委員長・丹羽君・金森君、そしてご参加いただきました皆さん大変お世話になりました。ありがとうございました!!

 


 

監事  佐藤 晃

 

本年度は、監事という大役を務めさせていただき、無事に一年間終える事ができましたこと、皆さんに感謝します、ありがとうございました。

例年にも増して事業等が多く行われるようになり、事業への参加者数も多くなり活発なYEG活動ができたのではないかと思います。この高まっている気運を次年度、次々年度と引き継いでいただき、より一層の飛躍を皆様と共にしていければと思います。また、楽しいことも大変なことも皆で分かち合える単会であり続けれるよう期待し私自身も努力をしていきますので、これからもよろしくお願いします。皆さん、一年間ご苦労様でした、本当にありがとうございました。

 


 

監事  浅野 浩

 

今年は二年目の監事ということで、いろいろと余裕を持って見る事ができたように思います。事業を通して委員会メンバーがまとまっていく様子や、外郭団体とのお付き合いも、去年より広い視野で見る事ができました。

年々事業や会合が多くなり、役員方の負担はかなり大きかった事と思われます。しかし一年を終えて、それぞれの頑張りと回りのフォローで、万事がうまく納まった事はうれしい限りです。一年間本当に有難うございました。

 

 


 

副会長 松岡実男

 

1年間、大崎会長には、大変ご迷惑をおかけしました。
皆様には、お疲れさまでしたと同時にありがとうございました。
これからもこんな感じでYEG活動をしていきたいと思っておりますので 今後とも宜しくお願いします。

 

 


 

副会長 松岡正記

 

大﨑会長の命を受け、1年間無事に副会長を務めさせて頂くことができ、会長はじめ委員会メンバー、関係各者にお礼申しあげます。
単会では、合同ゴルフ、稲沢夏祭り、初めての分科会(海上釣り堀)、親睦ボーリング大会の事業設営に関して、委員会メンバーには最後まで登録キャンセル等に対応して頂きありがとうございました。お陰様で多くの皆さんと有意義な交流を図ることができました。
県連では、ラグーナ蒲郡にて開催するYEGDAYの企画設営を担当し、素晴らしいロケーションと演出により、新しい仲間と充実した時間と達成感を味わうことができました。
会員拡大も順調に行うことができ、残されたYEG2年間も楽しみたいと思います。

 


 

副会長  服部 勝之

 

今年度は、副会長という立場で参加させて頂き、色々な意味で学び多き1年を過ごさせて頂きました。

まずは、3度の研修事業、特に3度目の尾張5市合同事業の際には、会長始め、他の委員会の方々の力をお借りして、事業を成し遂げた事は今後の糧になると思います。

また、県連出向をさせて頂いたおかげで、県内の各単会の方々と知り合いになれたり、色々な研修事業に携わらせて頂き、非常に勉強になりましたし、面白かったです。

最後になりましたが、山田委員長、内藤副委員長お疲れさまでした。また、1年のお付き合いに感謝しております。ありがとうございました。

 

 


 

総務委員会 委員長 祖父江渡

 

事業としましては、ATやHPの運営管理と渉外的な県連・東海ブロック・全国大会の

設営と会員紹介が主な事業でしたが、特に全国大会と会員紹介(青年部deいいとも)では、本当に委員会の皆様にはお世話になりました。

役員としては?だと思いますが、委員会運営については、1年間通して楽しく楽しく行うことが出来た事が何よりです。

これも偏に委員会メンバーさんに恵まれたからであり、1年間本当にありがとうございました。

また、大崎会長・松岡副会長には、いい加減な委員長でご迷惑をおかけしました。

 

 


 

交流・渉外委員会 委員長  松本 久照

 

YEG入会して、初めて委員長をさせて頂き、この一年色々な経験をさせて頂きました。

六月には、一宮YEGとの交流ゴルフ、9月には分科会で海の釣り堀、三月には、商工会議所職員の方と交流ボーリングと企画盛り沢山の事業で、委員会メンバーにも恵まれ、事業もスムーズに行うことができたのも、委員会の皆さんの御かげです、副会長の松岡正記君には大変お世話になりました、委員会の皆様有難うございました。

 


 


 

研修委員会 委員長  山田幸代


 

今年度、研修委員会では7月に「商工会議所活用セミナー」、11月に「ネット社会の利便性に隠れた怖さ、危険性を知る」と題し、講演会を開催した他、2月の尾張5市YEG合同事業では稲沢YEGが主管となって地震発生後1時間をリアルタイムで体験する「地震シュミレーション訓練」を行いました。特に、合同事業では多くのメンバーの皆さんに参加いただき、ご協力いただいたお陰で他の4単会からも好評をいただきました。メンバーの皆さん、1年間本当にありがとうございました。

 

 


 

 

YEGを振り返って 卒業生

 

 


卒業生    内藤晶仁

 

実力の差は努力の差

実績の差は責任感の差

人格の差は苦労の差

判断力の差は情報の差

 

真剣だと知恵が出る

中途半端だと愚痴が出る

いい加減だと言い訳ばかり

 

本気ですれば大抵の事は出来る

本気ですれば何でも面白い

本気ですれば仲間が助けてくれる

 

こんな事を感じながら、そして実践・実感しながらのYEG活動ではなかったかと今は思っています。

 

稲沢商工会議所 青年部に入会させて頂きまして早いもので12年程が経ちました。

思い返せばさまざまな方々との「出会い」そして「学び」その中で多くのネットワーク

も広がり「財産」となりました。

それはいずれも「本気」で、出来る限り「精一杯」頑張った証であると思います。

多くの人を巻き込み、一緒になって頑張ってきた、そして賛同してくれた熱き会員

の皆さんに助けられ生かされてきたと思っております。

お陰様で何一つ悔い残すことなく「卒業」出来ます。

結びに、

捨ててならぬものは「義理」

人にあたえるものは「人情」

忘れてならぬものは「恩義」

長い間お世話になりました。今は「感謝」の気持ちで胸一杯です。ありがとうございました。

 

 


 

卒業生 内藤照美

 

多忙な主人の代わりに稲沢YEGに入会したのは05年秋のことでした。稲沢市内に限らず愛知県内にも本当にたくさんの仲間ができ、色々な出会いがあり、貴重な経験ができ、大変に有意義な7年半でした。このYEGの出会いが長女の結婚に続くのですから、本当に不思議なご縁です。
先輩方をはじめ、メンバーの皆さん本当にありがとうございました。