一年を振り返って

会長 服部 勝之

まずもって、26年度各副会長、委員長、副委員長を務めて頂きました皆様に、お礼を申し上げます。1年間、本当にありがとうございました。
一昨年の9月に、直前会長の浅野さんよりご指名頂き、会長を受けるにあたり、今の稲沢YEGに足りないものは何かを、自分なりに問いただし「挑戦、そして進歩」をスローガンに新しい事に立ち向かい、良い方向に進み出したと思っています。また、新たに15名の会員さんが入会して頂き、27年度、各委員会で活躍して頂けると期待しております。
1年間、会長をさせて頂き、色々な学びをさせて頂きました。学ばして頂いた事を自社に活かし、残り2年間の中で、会員の皆様に少しでも、恩返しができれば良いなと思っております。ありがとうございました。

 


副会長 丹羽和政

 服部会長の熱い思いで、増設された会員拡大委員会。会員皆様の協力のおかげで、15名の会員が入会してくれました。新入会員の一人ひとりにきめ細かいフォローが出来ず、出欠席の返信等、多々各委員会にご迷惑をお掛けしました。本年度入会した会員の真価を問われるのは次年度だと感じます。次年度、各委員会に別れた新入会員への心遣いを宜しくお願い致します。副会長としては、野杁委員長に甘えてばかりで委員会にも中々出席出来ず、多々ご迷惑をお掛けしました。

野杁委員長が育てた、新入会員を次年度しっかりと育てていきます。
一年間お世話になりました。

副会長  村井邦光

広報担当副会長として一年間お世話になりました。
また、県連出向という機会も与えて頂き、良い経験ができた事感謝します。
いたらぬ副会長でしたが、新井委員長はじめ広報委員会の皆様のお陰をもち、広報の事業が滞り無く、無事に行えたことに、心より感謝を申し上げます。
26年度も、楽しくYEG活動ができた御礼申し上げます。ありがとうございました。

副会長 金森貴史 

本年は研修系の副会長として、一年をつとめさせていただきました。

予定者の段階で、最初に決まっていた委員長がよんどころない事情で降板し、急遽水野君が委員長として研修委員会を担っていただくことが決まりました。ただ、今度はその水野委員長が大病を患い、一時は復帰も危ぶまれるほど、大変だった時期がありました。
しかし、そんな大変なことがあったにもかかわらず、水野委員長は復帰してからしっかりと委員会をまとめあげ、稲沢YEGとしては、初めての試みの軽トラ市を成功に収めました。
本当に水野委員長・真野副委員長、お疲れ様でございました。また、委員会のメンバーもお二人を支えていただき、ありがとうございました。
こんな素晴らしい委員会の副会長として、一年過ごせた自分は本当に幸せな副会長でした。
この素敵な委員会に感謝し、またYEG活動に邁進していきます。

『一年間本当にありがとうございました。』

副会長  林 茂一

本年は、交流委員会担当の副会長として一年間活動させていただきました。渡邉委員長、田中副委員長をはじめとする交流委員会メンバーの皆さんには、一年通じて多くの事業を行っていただきました。メンバーの皆さんの活発な意見や行動力のおかげで、素晴らしい活動ができ感謝しております。副会長として有意義な一年を過ごさせていただきました。また、愛知県連の交流委員会にも出向させていただき、多くの新たな仲間とともに活動をさせていただきました。県連も20周年でしたので、多くの会合等がありすべてに参加することはできませんでしたが、心地よい刺激を受けてきました。この先、きっとこの経験が生きてくると思います。最後になりますが、関係するすべての皆様に感謝申し上げ、まとめといたします。
ありがとうございました。


監事 松岡 正記 

卒業年度に監事を務めさせて頂き誠に光栄でした。今年一年間は委員会配属がなく寂しいため、各委員会へオブザーバー参加させて頂きました。役員会や委員会にて鬼の監事所見を致しましたが、稲沢YEGのため友情を持ってお許しください。
服部会長はじめ役員の皆さん、会員の皆さん、事務局の加藤君、感謝と共にお礼申しあげます。ありがとうございました。

~入会された15名の新入会員さんへ~
ぜひ、委員長を経験してください。会長の思いを自分の考えで高い志と熱い情熱を持って個性的な事業を展開して頂きたいと思います。
機会があれば、県連出向してください。三河のYEGのパワーを体感してください。凄いですヨ。愛知県の仲間との絆が生まれます。
そしてYEG活動を通じて得たことを、会社(仕事)や家庭(家族)、そして社会に貢献して頂きますように。

 


委員会報告

拡大委員会 委員長 野杁 春吉 

「感謝!」
卒業年度の初老会員なのに委員長として役目をいただきまず「感謝」
会長の「思い」のこもった委員会を担当させていただき又「感謝」
各自委員の考案をYEGの事業として実現させていただき又「感謝」
新入会員15名の入会にご協力いただいた会員の皆様に又「感謝」
良く理解し協力いただいた松田副委員長に又「感謝」
新しく入会していただいた15名との出会いに又「感謝」
「卒業は始まり」と実感できる思いを与えてくれたYEGに「感謝」
まだ何か出来る事があるよと思えたことに「感謝」
すべては「感謝!」

広報委員会  委員長  新井仁志

委員会の役割として表に立つ事業が少ない中、「青年部deいいとも」「YEG通信」の取材や原稿作成において皆様の協力をいただきつつ、委員会が一体となって取り組むことができました。また稲沢夏まつりをはじめ対外事業の取りまとめを担うことで、他委員会メンバーや役員の皆様を含め親睦を深めるお手伝いもできたと思います。
本年度の広報委員会メンバーは入会翌年・中堅・卒業生とYEGキャリアの違いこそあれ、委員会への出席率も総じて高く、楽しく活動することができました。一年間ありがとうございました。

研修委員会 委員長  水野 成規

平成26年度、研修委員会では今までに行ったことのない新しい事業として、
軽トラ市を開催いたしました。
地域活性化と地域交流を目的に、10月18日(土)稲沢まつりの会場にて開催いたしました。
稲沢市では、初めての試みでもあり、稲沢広報に一度出店者の募集を行ったのみのため、出店者が集まらず最終的にはメンバーにお願いして出店してもらうことになってしまいましたが、来場していただいたお客様の反応もよく有意義な時間と空間を演出できた
と思います。こうした事業が根付いていけば、活気の無くなった商店街の活力源にも
なり、観光資源にもなっていくと考えます。
今回はじめての試みではありましたが、委員会メンバー参加して頂いたメンバーに
協力して頂きながら無事事業を終えることができました。
ありがとうございました。

交流委員会    委員長   渡邉 靖夫

交流委員会は「稲沢・一宮YEG合同ゴルフコンペ」から始まり「稲沢まつりかりんとう販売」、「一泊交流旅行」、「ボウリング大会」と事業を行いました。また一泊交流旅行では分科会として魚釣りを行い初めて参加する方も楽しんで頂けることできました。各事業を行うなか今年の事業方針にもある「会員相互の交流及び他地域青年部との交流」が出来たと思っています。
林茂一副会長、田中章喜副委員長をはじめ委員会メンバーはもとより、青年部の皆様、女性部、OBの先輩方にまで忙しい中ご協力を頂き事業を成功させる事が出来ましたこと感謝しております。
一年間本当にありがとうございました。


YEG活動を振り返って

卒業生   永井伸治


平成19年度、研修委員長を拝命した際、二つの大きな事業を担当したことが深く印象に残っています。

一つ目は、稲沢YEG創立10周年を記念して、稲沢商工会議所創立35周年記念事業の企画を担当する好機に恵まれ、11月に社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」の演劇鑑賞を実施しました。演劇テーマは、1.「女性の社会参加」2.「歴史民俗と文化財を生かした街の再発見」3.「観光資源の発掘」でした。どれも当時の稲沢市並びに稲沢商工会議所にとっては、必要不可欠な牽引力となるべき事柄に焦点を合わせ、その上、女性会の設立にも華を添えることができました。地元ネタも大いに取り入れてもらい、会場の稲沢市民会館中ホールは、満員の来場者で盛り上がりました。

7二つ目は、初めて開催することとなった、尾張5市YEG合同事業の主管を担当したことです。稲沢市勤労福祉会館にて、テーマを「地域活性化について」~中小企業支援策と人材活用~と題し、中部経済産業局 産業部 中小企業経営支援室 経営革新係長(当時)の吉田拓氏による講演会を開催しました。尾張5市YEGが唯一交流できる事業の先駆けとなり、講演会後の交流会では、懇親を図りつつ各単会の次年度役員の紹介と事業計画を発表する機会となる事業でした。

YEGは、研鑽を重ね、地域の経済発展に寄与する青年団体であり続けて欲しいと願っています。そして、商工会議所で次なる役員として活躍いただける方が在籍している組織であると考えています。
お世話になりました。そして、これからもよろしくお願いします。

 

卒業生  杉山英雄

卒業にあたり、18年間と長きに在籍させていただいた稲沢商工会議所青年部に心から感謝申し上げます。
諸先輩ならび後輩の皆様、事務局の方に支えていただきありがとうございました。
今振り返ると出会いと学びができ私の財産となりました 在籍中に参加しました各事業は全て有意義であり自分の為になり成長させて頂きました又、沢山のメンバーと共に活動させて頂いた事は感謝の思いでいっぱいです。
皆様が益々、会員を拡大しさらなる飛躍 地域貢献にご尽力くださいますよう期待しお願い申し上げます。 ありがとうございました。 感謝 感謝 感謝 合掌

 

卒業生  濱田 潔

一昨年に入会させて頂いて、あっという間の二年でした。

会社を設立して一年を過ぎた頃、経営者として「どうあるべきか」を考える中、 「まずは人脈を得て、いろいろな経営者の考え方を取り入れたい」と思い、入会したのが、始まりでした。

幸いな事に、村井さんを通じて多くの方達と親しくさせて頂き、大変楽しい二年間を過ごさせて頂きました。
思い返せば、多くのイベント、行事、会合に参加させて頂きましたが、今年の1月13日に行われた、高校の先輩でもある、鈴木 洋志 講師による勉強会が非常に印象的だったと憶えております。
また、YEGを卒業しても今までと変わらず皆さんと交流を深めていきたいと思っています。
二年間、本当に大変お世話になりました。有難うございました。

 

卒業生 日比野 雅一

みんなと楽しく活動できてすばらしい団体でした
正直、卒業するには未練がありますが、これからもOBとして皆様の活動を見守りながら地元社会に貢献できればと思います

 

卒業生 松岡 正記

青年部に入会し約8年間、有意義に楽しく活動させて頂きました。

入会間もない頃の新入会員による正ちゃん会議からの金泉閣での交流事業&和合ゴルフから始まり、稲沢夏まつり&稲沢まつり参加、タイ視察研修、鹿児島宮崎研修旅行、委員長として企画した京都研修旅行、副会長として県連出向、海上釣り堀分科会、沖縄全国大会等書ききれない程たくさんの事業がありました。活動を通じてYEGの仲間と共に成長できたと思います。

出会いに感謝して m(_ _)m

現役の皆さんへ 楽しくYEG活動を(^^)/

P.S."青年部deいいとも"見てくださいネ(^_^)v