平成28年度 一年を振り返り・ YEGを振り返り(卒業生)

 

 

一年を振り返って

会長 林茂一


平成28年度は創立20年目を迎え『しんか』のスローガンのもと、一年間活動してきました。事業に大きな変化なかったとは思いますが、各々の事業や青年部の運営に対して、新たに疑問を抱き考えるきっかけにはなったと思いますし、実際に取り組んできました。また、積極的に出席してくれる会員も増え、充実した活動になりました。新しいメンバーも増え、来年度以降さらなる発展を遂げてくれると思います。

一年間、会長という貴重な経験をさせていただきまし、楽しませていただきました。忘れられない一年になりました。感謝してもしきれません、ありがとうございました。




一年を振り返って

副会長   山田 幸代


林会長の下、広報・渉外・会員拡大担当副会長を務めさせていただきました。

至らぬ点が多く、ご迷惑をおかけしたこともあったかとは思いますが、無事に一年間終えることができたのも林会長はじめ伊藤委員長、石黒副委員長、そして委員会メンバーの皆さまのお蔭と心より感謝しております。

特に会員拡大につきましては、今後、卒業生が増加していく中、会員の拡充は当青年部の喫緊の課題であり、今年度は、メンバー皆さまのお蔭で7名もの新たな仲間をお迎えできたことが何よりで、ご紹介いただきましたメンバーの皆さまには心より感謝申し上げます。引き続き、メンバーの皆さまには会員拡大へのご協力をお願い申し上げます。

一年間、ありがとうございました。




1年を振り返って

副会長 萩野達哉


28年度、研修委員会担当の副会長として努めさせていただきました。渡邊清隆委員長のもと、大変濃厚な委員会メンバーと共に有意義な1年間を過ごさせていただき、会員相互の交流では会長のスローガンである『しんか』として私たち稲沢YEGにとっては新しい進化があり、会員間の友情の証である真価を問うことができた1年であったと考えます。是非とも1年間で築き上げたネットワークを単会内で伝染させて、モチベーションの高い稲沢YEGへとshinkaできることを願います。1年間ありがとうございました。





1年を振り返って

副会長 村井 邦光


皆様、一年間お世話になりました。




1年を振り返って

広報・渉外・拡大委員長   伊藤 賢治


28年度広報・渉外・拡大委員会として、規約の見直し及び各種全体事業の渉外活動を中心に活動させていただきました。昨年度からの申し送りとして、慶弔関係の見直し案を総会議案として役員会にて承認いただけたことは成果として捉えております。翻って、広報の部分においては、当初計画していたものが運営の不備、不手際があり十分な実績とできなかったことは反省として次年度へと引き、継ぎ申し送りとさせていただきました。

勝手がわからず、明確な目的も示すことができない不徳を、委員会の皆さんの協力や、支えを頂き一年間の委員長としての責務を全うできましたことに対して、心から感謝しております。本年頂いた恩を、次年度は一委員会メンバーとして支える側の責任に置き換え、活動させていただこうと考えております。一年間大変お世話になりました。



1年を振り返って

広報・渉外・拡大副委員長   石黒 港

広報・渉外・会員拡大委員会の副委員長として一年間取り組んでまいりました。
HPの更新・管理、規約の見直しなど、決して表立った役割ではございませんが、稲沢YEGの外部発信、また下支えとなる重要な役割をもった委員会での活動は、非常に良い経験となりました。

この経験を来年度に生かし、稲沢YEGがより良い方向に進めれる様、微力ながら今後も活動に取り組みたいと思います。




1年を振り返って                  

研修委員長  渡邉 清隆



今年度の研修委員会は、2回研修会を開催いたしました。

1回目は、名古屋文理大学 情報メディア学部 教授地域連携センター長 栗林 芳彦 氏 をお迎えして、稲沢におけるマーケティング 「新しい可能性に挑戦 稲沢のポテンシャルを確かめよう」お題のもと、これからの稲沢市を青年部と女性会・同友会の方をお招きして一緒に考えることができました。

2回目は、稲沢における防犯について 「犯罪が起きにくい社会 企業が地域防犯に貢献するには」と題して、愛知県警察 稲沢警察署長 鈴木 盛人 氏 をお迎えして、地域防犯と今の犯罪状況を教えていただきました。

1、2回とも50%を超える参加率で盛大に執り行うことができました。

稲沢まつりでは今年も「愛果鈴都」稲沢特産品を販売しました。開催2日間で完売するなど、YEGがおおいに存在感を発揮しました。

初めての委員長職を仰せつかり、最初から最後まで空回りをしてしまい萩野達哉副会長や石川高廣副委員長にはご心配をおかけして申し訳なく思っております。

僕の至らないところは研修委員会メンバーの皆さんがしっかりサポートしていただきました。

役員の方々には、空白にしてしまった部分を温かく色を重ねて頂き、滞りなく最後まで出来きることができました。

すべての事を先輩、仲間に助けて頂きました。心から感謝しております。

この「ご恩と教え」を頂いたことで、僕は少しだけ、今年の会長スローガン『しんか』ができたかもしれません。このご恩を今後忘れず、YEG活動に生かしていきたいです。

ありがとうございました。



1年を振り返って                  

研修副委員長  石川高廣


今年一年間のミッションは、副委員長として委員長のサポートをメインに、委員会の運営及び議案の精査等、役員としての責任観をもって走り抜けることでした。

委員会メンバーにも恵まれ、自分がいた意義も少しは残せた気がしています。

この組織のポテンシャルや、担うべき役割など、いろんな諸会議にも参加することで、少しではありますが感じることが出来ました。

 

すべてのミッションをコンプリートできたとは思っていませんが、委員長をはじめ副会長、メンバーの皆さんと一緒に築きあげた一年に感謝を申し上げ、総括とします。



1年を振り返って

交流委員長  真野 寿樹



元々人と人との交流するプランニングを裏方として企画する事が好きでしたので喜んで交流委員⻑を引き受けました。

1 泊交流旅行は、より多くの会員に出席頂けるよう近いところで⻑良川温泉を選びました。⾦華⼭のハイキングや鵜飼観覧も近いがゆえに初体験の会員も多く、とても好評だったと思います。

県連有志ソフトボール大会は、私が前年県連出向を経験し是非稲沢YEG も参加したいと自分自身の思い入れで皆さんにご協力頂き、大会は雨天中止となりましたがナイター練習や一宮YEG さんとの練習試合など、とても中身の濃い交流事業ができたと思います。

その他、ゴルフやボウリング大会の設営をさせて頂き、多くの会員同士の親睦が図れました。

委員会においては村井副会⻑、⻑橋副委員⻑はじめ、交流委員会のメンバーのお力添えで充実した委員会活動が送れました事を感謝申し上げます。

次年度も懲りずに交流委員会に籍を置かせて頂きますので、今回の経験を活かし稲沢YEGの交流事業に尽力したいと思います。



1年を振り返って

交流副委員長  長橋幸裕

 

28年度交流委員会副委員長として活動させて頂きました。

卒業生を送る会や交流ゴルフコンペ等で司会を担当する場面があり、とても緊張しました。

ソフトボールの練習試合では、日頃の運動不足と体力の衰えを実感しましたが楽しかったです。

そして長良川鵜飼観覧、ビアガーデン、ボウリング大会と振り返ればあっという間の一年でした。

林会長をはじめ役員の皆様、TEGメンバーの皆様に支えられ楽しく活動することが出来ました、一年間ありがとうございました。

 


 

1年を振り返って

監 事             金森 貴史


2016・17年度、林会長の年度は監事という、役職を拝命し一年を過ごさせていただきました。役員会をサボることなく真面目に出席しましたが、肝心の監事所見では、あまり議案の事には触れず、時にはプライベートな話やつまらない話をダラダラしたなんて、記憶しかありません。ただ、林会長のこの一年はきちんとした事業計画のもと、素晴らしい事業が行われ、予算を執行されたことは保証できる年度でした。


林会長・他の役員の皆様、本当にお疲れ様でした。



1年を振り返って

監 事              渡邉 靖夫


平成28年度は、林会長の下で監事を務めさせて頂き監事の立場でさまざまな意見を述べさせて頂きました。

一年を振り返ると、本年度もさまざまな素晴らしい事業を計画、実施されてきました。
特に委員長を務められた皆様はたいへん良い経験をされたかと思います。

林会長をはじめとする役員の皆様たいへんお疲れ様でした。

一年間、ありがとうございました。


 




一年を振り返って

直前会長 丹羽和政


去年、会長職をさせて頂いた後の直前会長・・・

林会長のもと、去年のお返しで頑張ってYEG活動を遂行して行こうと思いましたが中々活動に参加できず迷惑をお掛けした一年だと反省しています。

来年も気心しれた萩野会長のもと、相談役と言う役職をいただき名前負けしない行動を取って行きたいと思います。

来年度は最終年度になりますので、内外に『稲沢魂』を発信して行きたいと思います。

一年間お世話になりました。




YEG卒業にあたり

 

相 談 役

服部 勝之


YEGにお世話になり10年、過ぎた10年はあっという間で、まだまだ青年部でいたい想いのほうが強く、なんとなく物足りなく、やり残した感が一杯です。というのも何故か10年の在籍の中で委員長をしたことが無く、会長を受けてしまったので、やる機会を逃してしまったのが、物足りなさに繋がっているのかと思います。

YEGは地域の良き仲間たちと親交を深める場でもありますが、愛知県の他単会の会員さんとの交流がある県連出向は、さらに良き友と巡り合えるチャンスだと思います。ぜひ自ら進んで稲沢の外へ出向いて行ってほしいと思います。

最後に、YEG10年間で巡り合えて色々教えて頂いた皆様に感謝と、これからのYEGを背負って立つ、若い会員さんに色々な場面で活躍して頂けるようお願いして卒業していきたいと思います。

今まで出会えた方に感謝します。卒業後もよろしくお願い致します。


TOPへ戻る